結婚と将来を考えるとき

結婚式で指輪がはまらなかったこと

真っ白の小さなチャペルで結婚式を挙げた私は、そこでとても恥ずかしい思いをしました。それは、指輪交換をするにあたって、旦那さんからはめてもらおうとした指輪が、私の指にはまらなかったからです。私は、大勢の家族や友人の目の前で、指輪がはまらないというハプニングを起こしてしまったのでした。これはもう、私にとっては忘れられない思い出になっています。しかしこれには、きちんとした理由があったのです。それは、私のお腹の中に赤ちゃんを授かっていたからでした。このときはまだ、妊娠の事実を知らなかったため、ただ単に太ってしまったことが原因で、指輪がはまらなくなっていたと思っていたのですが、実際は妊娠していたことが理由で、指が浮腫んでいただけだったのです。そうして私の指には、この指輪がはまらなかったのでした。これに気がついたのは、新婚生活を始めて1週間ほど経ってからのことで、この妊娠がわかったときは、旦那さんとこの指輪交換のハプニングを思い出し、大笑いをしてしまいました。きっと、お腹の中の赤ちゃんは、いたずらっ子なんだろうなと思いました。なぜなら、まだ生まれてもきていないのに、結婚式という大切な場所で、このようなハプニングを起こしてくれたからです。私も旦那さんも、そんな可愛い赤ちゃんの誕生を心待ちにしています。指輪がはまらないというハプニングは恥ずかしかったものの、私たちにとって、より忘れられない思い出となりました。

Copyright (C)2017結婚と将来を考えるとき.All rights reserved.