結婚と将来を考えるとき

結婚したら指輪は大切なのか

いつまでもわたしの左薬指にキラキラと輝いてくれる指輪ならいいのですが、やはり結婚して数年もたつと指輪もだんだんくすんできてしまいますね。その指輪のくすみが夫婦の歴史というわけでそれがまたいいのかもしれませんが、こうも日常的に指輪をしていると、しているという感覚さえなくなってしまうものなのですね。夫と結婚する前に二人で指輪をみにいったのは今でもいい思い出です。いくらのでもいいよ、と言ってくれる夫でしたがさすがにそんな高いものは選べません。いや指輪なんかにお金をかけるのであれば、二人の新婚生活に必要なものを少しでも多く買いたいとおもったので指輪はそこまで高価なものは選びませんでした。でも実際につけて生活をしていると、高価でなくてよかったと心底おもうのです。家事をしているとすぐに痛み出す指輪ですから、高いものをつけているといつもいつも神経質になっていたかもしれませんからね。そんな指輪もいつもいつもはめていましたが、一度だけはずすことになる日がきました。それは出産だったのです。出産に伴いとても身体がむくんでしまってとてもじゃないですが指がつまりそうになってしまいました。このままではいけないとおもって、早い時期から指輪をはずしておきましたが、次にはめることができたのは出産から4ヶ月たった頃でした。それまではなんだか開放的な気分でありましたが、わたしにはやはり左薬指に指輪という結婚の証が必要みたいなのです。

関連サイト

Copyright (C)2017結婚と将来を考えるとき.All rights reserved.