結婚と将来を考えるとき

結婚したら指輪を渡して、将来のことについて考えていく

私達は形を求めます。形があることで安心をするからです。例えば結婚をしたら、指輪を渡します。指輪を見ることで結婚をしたことについて思い出すことができるからです。約束にしても時間がたてば忘れてしまうこともあります。だからこそ、思い出すことが出来るように形にしておく必要性が出てくるのです。繰り返して見たり、繰り返して聞いたりすることによって、記憶をそのまま定着させておくことができるのです。人間が記憶しやすいようにプレゼントを上げることで、その時にことを忘れない保証を取っておくのです。得に現代は忙しく共に過ごしていられる時間も短くなります。時間が短くなってしまうと思い出も作れなくなります。仕事が優先になれば、スレ違いも多くなります。結婚をして、同じ家に住んだからといって、そのようにして時間が合わなければ、話もすることができないのです。これからのことについては、時代のことをよく考えて、話をする定期的な場を作るようにしていかなければなりません。つまり、指輪だけでだけでないと言うことです。指輪によって、記憶を思い出すことはできます。しかし、それだけでは、忙しい時間の合間を縫って話をする機会を定期的に取れないということなのです。いくら忙しくなっても時間を確保していくことは可能です。無駄なことを1つぐらいはしているはずです。その無駄なことをなくせば、自分たちの時間を作って話をしてくこともできるようになります。時間が合わないこともありますが、互いが互いを気遣って、合わせようとすれば、自ずと時間がかみ合ってきます。もしも無駄なことが必要であれば、共通に時間を過ごすことが出来る目的を見つけ、その時間を一緒に過ごしていくことです。時代の波に流されないように話し合いをして、どうしたら、時間を共に過ごすことが出来るのかの答えを出していくことは大事なことです。互いが一歩ずつ近づいていくことによって、そのアイディアも具体的になってきます。

Copyright (C)2017結婚と将来を考えるとき.All rights reserved.